ATM手数料が0円だとお得で便利に使えます

20代の前半のころにかなりの頻度でカードローンを利用していました。

やはり給料が安いのにも関わらず、物欲が止まらない20代の頃はやはりお金が使いたくなります。

貯金をしても追いつかないので、一度カードローンを利用してからハマってしまいました。

契約審査時に襲い掛かった拒否反応とその理由

私は無人契約機でお金を借りたことがあります。

一人暮らしをしているのですが、当時、パチンコに熱中しすぎて生活費をつぎ込んでしまう有様で、次の給料日まであと少しという所で、食料を買うお金すら無くなってしまったことがありました。

通常であれば、会社の同僚にお金を借りて給料日まで遣り繰りしていくのですが、その時、運悪く目に付いたのが、無人契約機を利用するための契約事務所。

カードローンでお金を借りて人生が狂い出した。

あなたはお金を借りたことがありますか。私は銀行のカードローンでお金を借りたことがあります。

丁度まとまったお金がなかったからです。その時はいろいろとまとまったお金が必要でした。

例えば、車という固定費を手放したくて、カーローンを払い切りたかった、また旅行のまとまったお金が必要だった、そんなことが重なりお金を借りることになりました。

彼に頼まれてお金を貸す為にキャッシュング

病気治療中で働いていない彼氏。

お金がないくせに、友達と遊びに行ったり、ゲームを買ったりで常に働けるようになったら返すと言われ少しずつ貸していた。

私は実家で暮らしていたが、実家にもいろいろな事情で居づらくなり一人暮らしを始めることに。

一人暮らしで、給料だけじゃ暮らせない

離婚して、実家に住んでいたが、一人暮らしを始めることに。

引越し費用はなんとかボーナスでまかなったが、その他家電製品などをカードで買い揃え必要なものを最小限カードで購入。

いつもカードばかりで購入し、毎月の支払いもかなりのものに。一人暮らしを始めて、生活費もかかるのに、給料だけじゃ暮らせないため、地方銀行のカードローンを申し込み。

カードローンは私の生活を楽しくしてくれています

人はいろいろなものを購入したり、いろいろなサービスを受けたりするためにはお金を支払う必要がありますが、お金を持っていない場合にこれらのことをすることができないので、生活をするにおいていろいろな不便が生じてしまいます。

そのためお金が足りなくなってしまった場合はすぐに調達することができればとても便利です。

そして私は生活をするにおいて、お金が足りなくなってしまい、不便が生じないように大手の消費者金融であるプロミスでカードローンを利用しています。

友達に見栄を張るために初めてのキャッシング...

きっかけは、友人数人で海外に旅行に行こうという話が出たときでした。

私はその頃だらだらとフリーター生活を続けていた為、預金などは無く、正直旅行費用も厳しい状況でした。けれど同世代の友人たちは皆乗り気で、お金もそんなに気にするわけでなく、話を合わせていくうちに5泊の海外旅行が決まってしまいました。

もちろん楽しみではあったのですが、一括で旅行代を払えるわけもなく...。けれど、正社員として社会に出ている友人たちにコンプレックスを感じていた私は、ネットで見かけたプロミスのカード申し込みを試すことにしました。

事情がどうであれ、カードローンは絶対だめ

現在、カードローン、スター銀行に合計300万弱の借入があります。

借りた理由は、親に頼まれたためです。親が自営業で、年度末だったのでおそらく税金の支払いに困ったためと思います。親から申し入れがある直前に、入籍し、親からの援助も受けてマンションを購入しました。

その際の援助によって親のお財布事情が厳しくなり、借入が必要になったものと思います。借金の申し出は年度末に数回ありました。そのほかに現金も貸しました。

どんな相手でもお金の貸し借りはNG

当時お付き合いをしていた彼から頼まれて、初めてカードローンに手を出しました。

彼が急に50万円を貸して欲しい、と言ってきました。当然最初は貸さないといいましたが、好きな相手なら助けると思って貸すだろう、と言われました。

理由を聞くと、友達に100万円程の保証人を頼まれサインしたが、逃げられて支払をしなければならない、とのこと。

キチンとした返済が出来る計算が出来なければ、安易にお金を借りてはダメです。

私が大学卒業する時の話です。当時、就職が内定して非常に浮かれていた時の話でした。

就職が内定したのは、6月頃で来年の4月に就職する事は決まっていたんです。大学生活は必要単位は全て取得した状況で、後は卒業までにする事は殆どありませんでした。

仕事を始めたら、遊ぶ時間が減ると思いまして残りの大学生活は出来る限り、遊ぶ時間に費やそうと考えました。

このページの先頭へ